武田信玄公の人としての魅力を追います。

アクセスカウンタ

歴史散策―真実を求めて―

プロフィール

ブログ名
歴史散策―真実を求めて―
ブログ紹介
 武田家の史実を追い求め、日々想いを巡らし奔走してます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』より3−
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』より3−  然れば、板垣くみ合て、七備の衆の中に、栗原左衛門まつさきに懸て競て来る村上衆ををし返し、一戦はじむる。 六頭何も懸て一戦する処へ、跡より晴信公をしよせ給ふ。 其さきに飯富兵部、小山田備中、石田の小山田、御舎弟典厩此侍大将衆いさみ懸て、板垣組の備間より働出、お声をあげて村上方を伐くづし、尽追頸をとる間に、村上義清雑兵共に七百許にて、我味方の敗軍をわきみて、晴信公の御旗本へ、面もふらず懸て一戦する。    ここで板垣組衆が七備えあったことが分かる。 板垣本隊と判明するのは 「栗原左衛門」 と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 11:23
朝の散歩ー九十九里浜篇ー
朝の散歩ー九十九里浜篇ー  梅雨入りが間近に迫ったているが、天気予報は随分変わり、連日の晴れが訪れた。  屏風ヶ浦で拍子抜けしてしまったので、それに続く九十九里浜を歩いてみようと思い立った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 05:56
朝の散歩ー屏風ヶ浦ー
朝の散歩ー屏風ヶ浦ー  梅雨のはしりのとある日、 予報では晴れ間もあるということで、屏風ヶ浦へ行ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 06:47
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』より2−
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』より2−   さて信州上田原へ出、八月廿四日辰の刻に、甲州方より合戦を始むる。 武田の御さき、板垣信形なり。  真田弾正、是非共御さきをと申上候へ共、晴信公御右の脇備に仰付らるる。 子細は、真田智略故、村上被官をあまた殺されて口惜しく存じ、合戦の勝負にもかまはず、真田弾正備を見付、無理に義清懸て、一戦仕候はば、真田討死せんも不存、もし真田をうたせてはいかが、と敵の大将村上殿心をさとり給ふ。  晴信公古今にまれなる弓矢とり大将なり、と申。 さて又其日の合戦、板垣信形あひ備かけて、三千五百の人数をもつて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/04 05:45
朝の散歩ー山編ー
朝の散歩ー山編ー  小生の遅い黄金週。 蓼科山周辺で連日過した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 08:25
朝の散歩ー光と幻想編ー
朝の散歩ー光と幻想編ー  出稼ぎから帰宅後、毎朝の散歩を持続している。  最近は、体を動かさないとうずうずしてくるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 06:40
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』よりー
信州上田原合戦之事ー『甲陽軍鑑』よりー  上田原の戦いを『甲陽軍鑑』の記述から思考してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 07:36
八子ヶ峰と信玄棒道
八子ヶ峰と信玄棒道  小生の遅い黄金週が来た。  とりあえず、宿だけ確保して週間予報を眺めていたが、予定日が近づくにつれて、予報がいい方向に変わってくれた。 本命は残念になったが、別の意味で自然の神様が恩恵を与えてくれたと、小生は簡単にいいように捉えてしまうほど単純な人間である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/18 06:16
上田原の戦いー古戦場に残る伝承地・史跡ー
上田原の戦いー古戦場に残る伝承地・史跡ー  上田原古戦場に伝わる陣地、武田・村上両家が布陣した地を見てきた。  ここからは、戦いの詳細について思考してみる。 やはり『甲陽軍鑑』の記述は物語的と感じられる。しかしよく考えてみると、人が言葉で語ったからこそそう感じられるのであろう。 だから物語なのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 07:04
朝の散歩ー海岸編2−
朝の散歩ー海岸編2−  世間では黄金週と云われた一週間が過ぎ去り、やっと外出できると思ったこの一週間、 既に週末になってしまった。 季節外れの暑さと思いきや、今度は初春に逆戻り、最低気温も10℃を下回る。 冬用の布団も片付けてしまって、肌着を重ね着して寝ないと寒い。 ちょっと体調を整えるのが大変であるが、朝の散歩で冷たい空気に触れているので、なんとか対応できている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 19:40
朝の散歩ー公園編ー
朝の散歩ー公園編ー  自宅に戻り、はや一ヶ月が過ぎた。  小生にとって今年一番の楽しみとしていた登山が、登山口への林道が崩落したことにより、断念することとなった。  徒歩では、通行できるらしいが、車の駐車スペースがかなり減り、また悪路が想定される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 06:53
上田原古戦場ー河岸段丘ー
上田原古戦場ー河岸段丘ー  上田原合戦の経緯を考える上で重要な条件が立地にある。 武田軍が、何故伝承として残る倉升山(神畑山ろく)付近の陣地から、上田原字旗塚付近に本陣を移動したか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 08:46
朝の散歩ー海岸編ー
朝の散歩ー海岸編ー  5月の初め、房総半島先端の海岸まで行った。  道の駅に車を留め、松の砂防林の中に入り込む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 19:07
上田原古戦場ー伝武田軍本陣と旗塚遺構ー
上田原古戦場ー伝武田軍本陣と旗塚遺構ー  上田原古戦場に残る 「旗塚」 という旧地名。  この地名・遺跡について、『信州の伝説』 という書籍にその項があり、古写真も積載されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 07:40
朝の散歩ー夕方編ー
朝の散歩ー夕方編ー  春になり出稼ぎから戻り、自由で質素な生活を送っている。  木々の葉も新緑になり色合いが素晴らしくなってきた。 花も至る所に色々な物が咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 17:40
上田原古戦場ー伝村上本陣須々貴山ー
上田原古戦場ー伝村上本陣須々貴山ー  上田原古戦場跡地の北西側、浦野川と千曲川の合流付近に、半過の岩鼻という断崖がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 21:42
朝の散歩ー船着き場遺構2−
朝の散歩ー船着き場遺構2−  朝の散歩の到着地の貝塚遺構。  史跡内の案内図があり、そこにも 「船着き場」 と推定されている半島状の突端が確認できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 07:19
打越城跡旗塚遺構
打越城跡旗塚遺構  信州上田訪問の主題でもある 「旗塚」。 その本命ともいえる遺構があるのが、この打越城(古城)跡である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 16:31
春の信州上田へ
春の信州上田へ  今春、久しぶりに信州の地へ訪れた。  上田市在住の知人より紹介を受けた、戦国時代に関連しているのでは?と推測されている遺構を見学する目的であった。  信州上田の地は、戦国時代、甲斐の武田家は、坂城の領主村上義清との争いで数少ない敗戦或いは劣勢に追い込まれた、古戦場・城跡が存在する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 06:53
砂原峠の旗塚遺構
砂原峠の旗塚遺構  上田市富士山にある旗塚遺構。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 06:34

続きを見る

トップへ

月別リンク

歴史散策―真実を求めて―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる