楠木正成像からの歴史観

 甲冑姿で馬にまたがる勇壮な像があります。 楠木正成公です。
画像

 何故この人物の像が皇居に向かって建っているのか?

 ここが面白い事なんです。
 天皇家の事になります。

 南北朝時代の南朝方の忠臣ですね。 楠木公は。

 幕末、孝明天皇から明治天皇へと皇位継承が成され近代国家日本の幕開けですが、孝明・明治天皇は北朝方の天皇家とされています 北朝であるなら、足利尊氏方となります。

 皇室に関わる事なのであまり取り沙汰されませんが、何故北朝の天皇家の住まいに向いて南朝方の武将が建っているのでしょうか?

天皇家とは関係ないのですが、南北朝時代、とりわけ南朝方の忠臣 楠木正成についてや、南北朝時代についての私見・史観を司馬氏が述べています。

 『手掘り日本史』 司馬遼太郎  文藝春秋刊  歴史のなかの人間―史観というフィルター― にあります。
 興味のある方は読んでみてください。 いろいろな事を学べますよ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック